行政の不用品回収機関と民間業者の違い

行政の不用品回収と民間の不用品回収業者の違い

>

行政と不用品回収業者の価格の違い

行政の回収費用

行政の不用品回収は、税金で補われている事と運搬やその他のサービスを行わない事で安価に抑えられています。
以下に東京都の不用品回収費用を提示しますが、行政ごとに費用は異なるので実際に行政の不用品回収を利用される場合には、回収費用を調べられる事をオススメします。
「ソファー、1600円」、「ベッドマット、1600円」、「テーブル、2200円」、「タンスなど収納家具、2200円」などが主な処分費用です。

傾向としては、ほぼすべての処理費用が3000円以下になっている事が特徴です。
また、行政によっては、回収可能な不用品で個数が1点なら回収費用は無料の地域もある様です。

アナタの処分したい不用品が一点で、運搬が可能なら行政の不用品回収を利用すると回収費用は安く抑えられるかもしれません。

民間の不用品回収業者の回収費用

民間の不用品回収業者の回収費用は、個別の回収物ではなく、運搬費用や人件費が加わり毎回見積もりを行って算出されるので、一概には言い難いのですが大まかな回収費用は以下の通りです。
「ソファー、5000円」、「ベッドマット、5000~10000円」、「テーブル、5000~10000円」、「タンスなどの収納家具、5000~10000円」
行政と同じ品物を民間の不用品回収業者に依頼した場合の金額は以上の通りです。
全体的に民間は行政と比べると価格は高いですが、運搬費用などが含まれていると考えると致し方ないとも言えます。

ただ、民間の不用品回収業者は様々な料金体系があり、例えば「軽トラック1台パック」では軽トラックに載せられるだけ回収して2万円のようなパック料金もあります。
民間の不用品回収業者をお得に使うには、ある程度の量の不用品が発生した場合、的確な料金パックを選ぶとお得に利用できます。


TOPへ戻る