行政の不用品回収機関と民間業者の違い

行政の不用品回収と民間の不用品回収業者の違い

>

行政と不用品回収業者のサービスの違い

行政の不用品回収サービス

行政の不用品回収は「一般ゴミ以外のゴミ処分の受付」と言ってしまって良いので、サービスの点からいえば、あまり充実はしていません。
その為、行政に不用品を回収して貰うためには守らなければならないルールがあるので、その一部をご紹介いたします。

回収までの事前準備は、地域ごとに違いますが大まかな流れは、「事前に有料粗大ゴミ回収券を購入して粗大ゴミに張り付ける」、「収集場所まで自分で運搬する」、「収取時間は朝8時なので、それまでに回収場所まで運搬する」などです。
また回収依頼への対応や頻度で言えば、「指定された収集日に回収」、「依頼者が日時を指定する事は出来ない」など依頼者が収集日まで待つのが基本となっています。

民間の不用品回収業者のサービス

民間の不用品回収業者が最も力を入れている分野がサービスだと言われています。
民間の不用品回収業者のサービスは「不用品回収にかかわる事はなんでも対応」なので、驚くようなサービスを提供している不用品回収業者もあります。

基本的なサービスは「不用品の運び出し」、「大型の物も吊り下げ搬出」、「事前の見積もりで回収費用を算出」、「料金はその場で清算」、「依頼者の指定日に回収」などですが、他にも様々なサービスがあり一例をあげると「不用品回収後の部屋のクリーニング」、「庭の物置の解体、回収」、「鉢植えの回収」、「ビニールハウスの解体、回収」、「事業所の不用品の回収とハウスクリーニング」など多岐に渡ります。
不用品回収業者の中には前例のないサービスでも相談すれば応じてくれる所もあるので、回収の際には相談する事をオススメします。


TOPへ戻る