行政の不用品回収機関と民間業者の違い

行政の不用品回収と民間の不用品回収業者の違い

>

行政と民間の不用品回収の比較

行政が回収出来る物

行政が回収出来る物についてですが、まず住んでいる地域によっても変わるので、実際に回収を依頼する際には必ず確かめてください。
回収できる物は無数にあるので、回収出来ない物をご紹介いたします。
家電リサイクル法の対象家電製品、パソコンリサイクル法の対象品目、事業所の大型のゴミ、長さが180cmを超える大型の物(サーフボードなど)、ピアノ、耐火金庫、消化器、バッテリー、タイヤなどです。
また、当然ですが有毒性のものや、引火性のある物などの危険物の回収も出来ません。

処理が困難な物は当然ですが、法律に決められている家電リサイクル法の対象家電やパソコンリサイクル法の対象品目なども回収してくれないので注意しましょう。

民間の不用品回収業者が回収できる物

行政と民間の比較を比較した時、大きく違うのは回収品目の幅の広さです。
ただし、産業廃棄物やパソコン、機密書類など取り扱うのに免許が必要なので、ホームページなどで回収できる品目を調べてから依頼しましょう。

民間の不用品回収業者が回収してくれる主な品目は以下の通りです。
家電製品(家電リサイクル対象家電も含む)、OA機器、スポーツ用品(ゴルフクラブ、スノボ板など)、健康器具、楽器、車用品(タイヤ、ホイールなど)、自転車などです。
これ以外にも免許さえあれば、産業廃棄物や廃油などの処理が困難な物も回収してくれます。
民間の不用品回収業者に回収を依頼する際に、回収可能か判断がつかない場合は直接メールか電話で問い合わせをする事をオススメします。


TOPへ戻る